旅行中の食べ過ぎ・飲みすぎで太ってしまわないように実践するダイエットのコツは?

旅行中は短期間の間にご当地グルメを食べられるだけ食べよう!としてしまうもの。
普段では考えられないようなカロリー量を摂取してしまう人も多いと思います。

年に数回であれば旅行中に沢山食べても影響は少ないと思いますが、毎月のように旅行を楽しむ方は美味しい料理を楽しみながらも太らないようにするコツも重要です。

旅行先のご当地メニューの種類によってカロリーの高いものや低いものは様々ですが、炭水化物や脂質が多いものだとやはり太りやすくなります。

このページでは旅行中の食事を我慢することなく、太りにくい対処法をご紹介!

旅行中の移動はなるべく徒歩で街を見ながらカロリー消費!

旅行中は観光地を巡ることがメインの場合は徒歩での移動距離も多くなると思いますが、グルメ旅の場合は時間を短縮するためにお店とお店の間をタクシーや電車、レンタカーで移動してしまうことも多いと思います。

グルメ旅の場合はなるべくお店とお店の間は徒歩で街を見ながら移動することで、カロリー消費にも繋がりますし、街並みを眺めながら旅行を楽しめるので一石二鳥。
しかも、少し汗をかくくらい歩けばその後に食べる料理もお酒の旨さも倍増です。

旅行中には歩数計を活用!

旅行中は1日1万歩歩くことを目標になるべく徒歩移動するのが健康的です。
万歩計でもいいですが、iPhoneなどでも歩数計測できるので歩数を管理しながら旅をするのがおすすめ。

市街地を巡る観光旅行の場合は歩くことを意識すると1万歩程度はすぐに達成できます。
車移動がメインの旅の場合は、意外と歩数を稼げないので体を動かすアトラクションなどを加えるのも良いです。

夜はカロリーが低いメニューを選ぶ

1泊2日の旅行の場合、カロリーが高い炭水化物や糖質はランチタイムに食べて、比較的カロリーが低いものはディナーに設定するだけでも違いが出ます。
朝やランチタイムで少しカロリーが高いものを食べても移動の際に消費することもできますし、脂質が低めの肉類であればディナーにも向いています。ただし肉と一緒にお米を食べるとカロリーがグッと上がってしまうので注意が必要です。

旅行中は黒烏龍茶などを活用!

食べたいメニューを我慢することなくグルメを楽しむなら、難消化性デキストリンを含むお茶や黒烏龍茶を飲み物にするがおすすめ!
脂肪の吸収を抑えてくれるので沢山食べるお父さんの強い味方になってくれます。
黒烏龍茶はコンビニでも手軽に買えますし、移動中の飲み物として採用するのもおすすめ。

旅行から帰宅後に太ってしまったことに気づいたら?

グルメ旅行を終えていざ自宅に帰ってきたら体重が増えていた…!というときは、少しの時期だけでも普段よりも歩く距離を増やしたり、朝にラジオ体操をする習慣を身につけるのが意外とおすすめです。
旅行中になるべく歩くようにすると、体全体の筋肉量が増えます。筋肉が増えた分、基礎代謝量も向上するので多く食べてもカロリーを燃焼しやすい体に変えていけるので、頻繁にグルメ旅行を行っても太りにくい体を手に入れて、よりグルメ旅行を満喫できる体が手に入ります。「それってほんと?」と疑ってしまうような話ですが、筋肉量を増やすことはカロリー消費量に直結するのでバカにできません。

今後も楽しいグルメ旅行に行くためにも、普段から歩くことを心がけるのがおすすめ!

ダイエットサプリや酵素ドリンクは?

ダイエットを成功したいと願う人の間で酵素ドリンクが話題になりました。酵素ドリンクは体内に不足しがちな酵素を補充でき、フルーツ酢や栄養ドリンクのような味で飲みやすいものもあります。
酵素を摂取することでダイエットに寄与することは周知の通りですが、酵素ドリンクの価格も安くありませんしドリンクだけで痩せられるものではなく、結果には個人差があります。
酵素ドリンクやサプリにお金をかけるよりは普段から少しずつ運動をする習慣を取り入れる方がおすすめです。

まとめ

グルメ旅行中に太らないようにするには、旅行中はなるべく徒歩で移動することが一番です。
太ってしまったときでも、ダイエット食品でケアするよりも、やっぱりウォーキングや軽い運動を生活に組み入れていくのがおすすめです。

楽しいグルメ旅行にするためにも、普段から健康的な生活を送るようにしましょう!

定期的にグルメ旅行をする30代・40代の世代は、中年期になると中年太りに悩む時期が来ます。
今のうちから、中年太りは何歳くらいから始まるのか?適切なダイエット法はどんな方法か?などを知っておくのが中年太り対策の第一歩です。
中年太りの対策法についてはこちらが参考になるのでおすすめです。

参考:中年太りダイエット・中年太りの原因とは?