>> 札幌おすすめグルメ特集 <<

コンタクトレンズや保存液・目薬は機内に持ち込める?【飛行機旅の疑問】

コンタクトレンズ保存液

タビオ( @tabitori_tabio)です!

飛行機に乗って旅行する際、素朴な疑問なのが「機内に液体を持ち込んでもいいの?」という疑問です。
水や飲み物などは、保安検査場の液体物専用のX線検査機に通すことで持ち込み可能ですが、保存液や目薬はどうなの?と不安になる人も多いと思います。

基本的には持ち込み可能ですが、問題なく持ち込むことができるのは目薬や保存液の種類にも依ります。
この記事では、飛行機での旅の際のコンタクトレンズケア用品の注意点と、快適な旅行をするためにコンタクト愛用者に知っておいてもらいたい知識をまとめていきます!

旅行先にコンタクト装着液・保存液・目薬を持ち歩く際の注意点

保安検査場

昔は、開封済みのペットボトルなどは「一口飲んでください」と言われる空港があったり、そもそも保安検査場より前に入手した液体は、手荷物として持ち込めませんでした。

コンタクトレンズを使用している人の中には、上空で機内が乾燥することで、目に不快感を覚える人も少なくありません。
なにかの拍子にコンタクトが取れちゃった!というアクシデントも無いとは限りませんよね。

だからこそ手荷物のバッグには装着液や目薬、替えのコンタクトを持っておきたいものです。

たびお

機内上空って結構乾燥するんですよね…。僕はいつもマスクが欠かせません汗

保安検査場では、荷物の中に電子機器やライター、水分が入ったものなどは荷物から出して検査用トレイに載せて検査機に通します。

MEMO
下記のものはトレイに出して検査機に通すべき物の主な例です。

  1. パソコン、スマホ、タブレット・モバイルバッテリー、カメラ、ゲーム機を始めとした電子機器全般
  2. ペットボトルの飲料、水筒
  3. 金属物
  4. 化粧水、コンタクトレンズ保存液など液体のコスメ
  5. ヘアスプレー、虫除けスプレーなど
  6. ライター、ジッポ
  7. ヘアアイロンやドライヤーなどヘアケア電子機器
手荷物のバッグも検査機に通すことになりますが、電子機器やライター、液体などを入れたまま検査機に通すと、再度検査することを求められるので、スムーズに検査を通過するためには、検査機の前においてあるトレイに該当するものを出して通しましょう。
ちなみに、ライターは2個以上持ち込めないので2個所持している場合はその場で一つは廃棄扱いとなります。

コンタクトレンズの装着液や目薬、その他の化粧水などの液体のコスメはポーチなどに一つのまとめて置くとトレイに出すときにスムーズです。
液体物専用の検査機のチェックをクリアすれば機内への持ち込みが可能。

稀に検査機のチェックに引っかかって、機内に持ち込めない場合もあります。
場合によっては廃棄処分とするしか無い場合もあるので、どうしても捨てたくない場合は保安検査場を通る前に、コインロッカーなどを利用するのが良いです。

旅行中に持ち歩く目薬や装着液は、買ったばかりのものや、500mlの大きめなボトルで持ち歩くと荷物になりますし、検査に引っかかった際に処分することになるとちょっともったいないですよね。

なので、できれば装着液をミニボトルに移し替えたり、小さいサイズのものを購入しておくのがおすすめです。

旅行中は1DAYコンタクトを多めに持って置くのが安心!

ワンデイコンタクトレンズ

今となっては、ハードコンタクトを使っている人は少ないと思いますが、旅行中は普段の生活と環境が随分違うのでうっかりコンタクトを落として汚れてしまったり、なくしてしなったりとトラブルが付き物。

コンタクトレンズを洗浄するのも面倒だったりしますよね。
自宅ではコンタクトレンズ洗浄機を使っている人でも、旅行中に持ち歩くのは大変。

更には、万が一ハードのレンズをなくしてしまったら、旅行中のテンション激減です。

旅行中はなくしてしまっても替えがあるから大丈夫!と強気でいるためにも、ワンデイタイプの使い捨てコンタクトレンズを持ち歩くのが便利です。
普段は2WEEKタイプを使っている人だとしても、洗浄液を持ち歩いたり、現地で購入すると荷物になるのでワンデイタイプを利用するのがおすすめ!

旅行中はとにかく身軽にするのが必須。荷物が多いとイライラしてくるので旅が台無しになってしまったりも…。

 

旅行中におすすめの目薬

冒頭でも話しましたが、機内はとにかく乾燥します。目の乾燥対策に目薬を持って置きたくなりますが、そんなときにおすすめなのが「ソフトサンティア」です。

ソフトサンティアの評価
潤い感
(4.5)
持ち運びやすさ
(5.0)
値段
(5.0)
総合評価
(4.5)

ソフトサンティアはコンタクトを装着している状態でも、付けていないときでも使える目薬。
涙に近い成分で出来ているそうで、防腐剤不使用なので目にも優しい。
眼科で働いている友人も、目薬ならソフトサンティアが1番良いと言っていました。

コンタクトレンズ愛用者の中でも、ソフトサンティアを使っている人は多いそうです。

ソフトサンティアは5個セットで600円程度の安さも魅力で、小分けになっているのでとても小さいのも便利なポイントです。
荷物を増やしたくない旅行中にうってつけのサイズ感です。

一度開封すると10日以内に使い切ることが推奨されていますが、封を開けなければ2年程度は保存が可能。
年に1セット買っておけば目薬問題は解決しちゃいます。

何より小さくて軽く、負担にならないのがすごくいいんです。
ネットでも購入できるので旅行前に届くように注文しておきましょう。

使用感が良く、目薬選びに慎重な人や、目薬に抵抗ある人でも、ソフトサンティアなら納得できると思います。

まとめ

この記事のおさらい
  • 旅行中はワンデイコンタクトを滞在日数+1日分持っておく
  • ハード派でも旅行中は使い捨てレンズを持っておく
  • 機内での目の乾燥対策はソフトサンティアがオススメ